October 18, 2019

ガットから始まって、ジョールにいって、アラープで着地。

これはラヴェルのボレロで例えると、フィナーレから始まってフルートのソロで終わる真逆の展開。
野外でざわついた会場の全オーディエンスの集中力を最終的にサに帰結させたあの展開は、技術と経験のなせる技。
初めて聴いた。
全ての音が止んだ時、そこに残るもの。音の余韻。
それの為に全ての音があるっていう考えを思い出した。 

October 15, 2019

クラシックカメラで写真を撮る意識は音楽的だと感じてる。

1枚の写真を撮るのに、フィルム代と現像代で100円くらいかかる。
だから必然的に無駄にシャッター切れなくなる。

と、ここで話を区切っちゃうと金かい!って安易に終わっちゃうけど、そうじゃなくて、

ファインダー覗いてから、シャッターを切るまでに、物凄く集中力が要る。結局シャッター切らない時もある。
あ、今!っていうその時だけを撮りたいから。

いくつか撮っておいて後で選ぶんじゃなくて。

それって音楽と同じなんだよ。 

October 5, 2019








会期がそろそろ終わってしまうので、貰った招待券を片手に行ってきた。

まなざしのあわい

そう名付けられた展覧会は、まさにその通りのタイトルの通り。

視点をズラしたり、またピントを合わせたりいろんな見方をする事で作品の中でモチーフとなった器や壺が、実像なのか虚像なのか、その境目がぼやけていき、イデアを感じるような感覚になった。

昔リバーという曲を演奏している時、ひたすらに音を動かさずに一定のパルスでミニマルな音空間をつくっている時に感じた感覚と非常に近かった。

 

October 3, 2019

柚子や柿や梨など、2年生の枝から伸びる1年生に実がつく。
一度実がついた枝は疲れてしまうのでもうつかない。
なので収穫時、枝ごと取ると良い。
そうすると隔年結果を避けられるそう。
果実が実る事を結果といい、いわゆる物事の〝結果〟の語源だそうで。

空間にどう枝が伸びて、どう生きているのか。
どこに何が配置され、どう風が抜けるのか。

庭のルーツは、祈りの場。
音楽といっしょ。

そこから読み解く空間へのアプローチ。 

Please reload

November 29, 2019

November 22, 2019

October 18, 2019

October 5, 2019

October 3, 2019

September 26, 2019

September 25, 2019

September 24, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook
  • Twitter